グローバル・ヴューダイエットやお得情報、綺麗になる情報やカッコよくなる情報、今が旬の情報や話題になっている情報など、ありとあらゆる情報をお届けします。 

このページの記事目次 ( ← 2010年02月 → )

total 30 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

リセットダイエットの危険性

   ↑  カテゴリー: ダイエットに最適!
スポンサードリンク

リセットダイエットの危険性
リセットダイエットは炭水化物と脂質を食べずに、低カロリー・高タンパク質の食材を食べることでダイエットをするというものです。

実際にリセットダイエットで体重減を実行できた人も多くいます。しかし、同時に「リセットダイエットが危険である」と、その危険性を指摘する声も多く存在します。

リセットダイエットに考えられる危険性について、体のメカニズムに照らし合わせながら考えていきたいと思います。

★リセットダイエットの危険性 その一
リセットダイエットでは炭水化物の摂取を禁止しています。しかし、炭水化物はカロリー源としては非常に重要で、脳がエネルギーとして利用できる唯一の栄養素です。炭水化物の摂取がないと脳が上手に働かず、めまいやイライラなどの症状が現れることがあります。

特に、はるか昔から農耕を主として生活してきた日本人の体は炭水化物という栄養素を主要な栄養素として捉えているとも言われ、狩猟中心で生活してきた欧米人に比べると体のメカニズムにも違いが見られます。

代表的な違いに『腸の長さの違い』があり、分解・吸収しにくい穀物から十分に栄養素を摂取できるよう、基本的にアジア人の腸の長さは欧米人に比べると長くなっています。逆に、体内での肉類の腐敗を防ぐために欧米人の腸の長さは日本人より短くなっています。

リセットダイエットはアメリカで流行した炭水化物抜きダイエットを基礎として作られています。体質や食文化の違うアメリカ人にとっては有効なダイエットかもしれませんが、日本人にはその効果が非常に疑問視されるダイエットです。

★リセットダイエットの危険性 その二
リセットダイエットでは炭水化物の摂取を禁止しています。この炭水化物の分解・吸収にはインシュリンという体内物質が非常に重要な鍵となっています。

インシュリンの分泌を促す物質を摂取すると、体内では炭水化物を求めるスイッチが入ります。簡単に言えば炭水化物が食べたくなるのです。

コーヒーなどに含まれるカフェインもインシュリンの分泌を促す作用があるのですが、リセットダイエットではカフェイン入りの飲み物の摂取に制限を加えていません。

「炭水化物を食べるな!」と言っているのに、炭水化物摂取を促す体内物質(インシュリンのこと)の分泌を促進させる物質を規制しない・・・。矛盾してません??

欧米人と日本人では体内の生理機能にも大小いくつかの違いがあり、インシュリンの分泌反応もそのうちの一つであるという研究者もいます。

そのことから、リセットダイエットの基である炭水化物抜きダイエットが流行したアメリカでは、『カフェイン摂取によるインシュリンの分泌は、炭水化物抜きダイエット理論においてさほど重要なファクターではない』という基本概念があり、それがそのままリセットダイエットにも適用されているのではないか?と推測できます。

★リセットダイエットの危険性 その三
リセットダイエットのダイエット期間は一週間。しかし、その後の体質調整方法が不十分のような気がします。

リセットダイエットを実行すると・・・
・体重が減少します
・体が省エネモードになります
・筋肉量が低下します
・生体機能全般が低下します

これらの変化について、キチンとしたケアがなされていないことも危険性の一つです。

リセットダイエットで摂取できるカロリー量は、ともすれば基礎代謝量を下回ることもあり、こうなると体は少ないカロリーでもやりくりできるように体質を変化させます。
つまり、できるだけカロリーは使わずに入ってくるカロリーはできるだけ逃さないようになるのです。多くのカロリーを消費する筋肉は減少させ、エネルギーを使わないように体温を低下させたりします。

一言で言えば『痩せにくく、太りやすい体』になるのです。

これらの点について、それほど深く言及していないため、リセットダイエットは危険であると考える方が増えてきているようです。

リセットダイエットの基本概念である「食事内容をリセット」という考え方は医療の世界でも存在します。しかし、それはあくまで重度肥満体型の方に対しての治療方法であって、気軽に試すダイエットではありません。

もう少し医療に関する専門知識を織りまぜて考案されたダイエットなら良かったのですが、リセットダイエットのクチコミ評価でも不満を訴える声が多い今の状況においては、リセットダイエットの危険性を払拭するだけの論理的な説明は見当たらないような気がします。
スポンサードリンク
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : ダイエット (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/blog-entry-40.html

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。