グローバル・ヴューダイエットやお得情報、綺麗になる情報やカッコよくなる情報、今が旬の情報や話題になっている情報など、ありとあらゆる情報をお届けします。 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

光トポグラフィー検査 うつ病がわかる!

   ↑  カテゴリー: 病気を克服
スポンサードリンク

光トポグラフィー検査 うつ病がわかる!
ストレス社会が続く日本では『うつ病』に代表される精神の病気が増加の一途をたどっています。(ここでは精神の病気をうつ病、躁うつ病、統合失調症等としています)

これまで『うつ病』等の精神の病気は、心療内科や精神神経科の医師による判断でしか診断できませんでした。もちろん問診などによって客観的なデータを集め、そのデータに照らしあわせて病気を診断するということはありましたが、客観的な数値から病気を判断するということはありませんでした。

しかし、光トポグラフィーという装置を使用した検査では、『うつ病』等の精神の病気を客観的な数値から判断することが可能になりました

光トポグラフィーはもともと脳神経外科で使用されていた検査機器の一つで、脳内に流れる血液を特殊な光を用いてグラフに表すという機械です。光トポグラフィー検査をすることで脳の様々な部分に血流を調べることができるのです。

そして、この血流の流れに着目することで『うつ病』やその他の精神の病気が判断できるということがわかりました。

まず、頭に光トポグラフィー検査の装置を設置し近赤外光という光を照射します。この光は生体認証システムなどに使われている光で、人体に影響をあたえるものではありません。もちろん無痛です。

近赤外光は皮膚や骨は透過しますが、血中に含まれるヘモグロビンはこの光を吸収するという特性があるため、この特性を利用して脳内の血流を調べます。

光トポグラフィー検査で『うつ病』を判定する方法として、具体的には言語発声による血流変化の検査をします。

例えば、光トポグラフィー検査をするとき、「『あ』の付く言葉を10個言ってください」と質問すると、言葉を発するさい脳の言語発声を司る部位(言語野)では血流が一気に多くなることが数値からわかっていますが、『うつ病』患者の場合、言語野に血流増加は認められるものの健常者ほどの顕著な血流増加は認められません

これは健常者の方と『うつ病』の方とではハッキリとした違いが見受けられます。(うつ病以外の疾患がある場合もありますので、あくまで臨床試験時のデータから見た場合です)

この違いは躁うつ病や統合失調症の方にもそれぞれ特定のパターンが見られることがわかっています。

つまり、これまでは医師による問診などからしか『うつ病』やその他の精神の病気が診断できなかったものが、光トポグラフィー検査を併用することでさらに確実な診断が可能となったわけです。

『うつ病』などの精神の病気は判断が難しく、誤診によって適切でない治療をされていたという方も大勢いたことを考えると、この光トポグラフィー検査は画期的な発見だと言えます。

光トポグラフィー装置はもともと脳神経外科のある病院で使用する装置であるため、心療内科においてあることはまだまだ少ないですが、これからは心療内科や精神神経科のあるたくさんの病院で設置される検査機器になると思います。
スポンサードリンク

FC2スレッドテーマ : 鬱病 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/blog-entry-148.html

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : マイコプラズマ肺炎 気になる感染力
この前の記事 : 男 化粧水
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。