グローバル・ヴューダイエットやお得情報、綺麗になる情報やカッコよくなる情報、今が旬の情報や話題になっている情報など、ありとあらゆる情報をお届けします。 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

マイコプラズマ肺炎 気になる感染力

   ↑  カテゴリー: 病気を克服
スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎 気になる感染力
『マイコプラズマ肺炎』という言葉をよく聞くようになりました。名前からしてとても恐ろしい肺炎のような感じがしますが、よくよく調べてみるとマイコプラズマ肺炎は珍しい肺炎ではないようです。

マイコプラズマ肺炎とは一体何なのか。気になる感染力はいかほどのものなのか。などなど、マイコプラズマ肺炎について気になる情報を紹介します。

肺炎マイコプラズマとその感染症 知って得する肺炎のお話

▼マイコプラズマ肺炎とは?
マイコプラズマ肺炎とは、細菌でもなくウイルスでもない病原体によって肺に炎症が起こることを言います。マイコプラズマと呼ばれる病原体は人体内で自己増殖しますが、実はそれほど毒性が強いものではないようです。

マイコプラズマに感染することによって咳や熱が出たり頭痛や吐き気という症状が出ますが、これはマイコプラズマ自体の毒性よりも自己免疫反応によるものだと言われています。つまりは、風邪と同じような感覚です。

マイコプラズマが体内に入ってから症状が出る潜伏期間は大体2週間程度で、その後咳や発熱などの症状が現れます。マイコプラズマに感染した時の特徴的な症状として咳が長期間続くという症状があります。

▼マイコプラズマ肺炎の感染力
気になるマイコプラズマの感染力ですが、基本的には飛沫感染になりますので感染力は大きいと思います。

マイコプラズマに感染してから治るまでおよそ一ヶ月ほどかかりますし、潜伏期中の無症状状態であっても飛沫感染はするそうですので、気が付かずにマイコプラズマの病原体を体内に取り入れているということは多々あると思います。

マイコプラズマは一度完治したとしても、二度、三度と罹患することがあります。また、最初の感染で抗体ができることで二度目の感染時に自己免疫機能が強く働くことがあります。

一般的に乳幼児期にマイコプラズマに感染しても免疫機能が弱いためそれほど強い反応はでないことが多いそうですが、二度目に感染した場合は自己免疫の反応が強めにでることがあります。

幼稚園や小・中学校でマイコプラズマ肺炎の感染が拡大したとき強い症状を訴える子供が多いのは、幼児期に感染した際に抗体ができていたため二度目の感染時に強い症状が出やすいからと言われています。

▼マイコプラズマ肺炎 大人でもかかるのか?
結論から言いますと、マイコプラズマ肺炎は大人でも罹患します。マイコプラズマの主な感染経路が飛沫感染だからです。ただ、大人のほうが総じて免疫力が高いため、一度感染したら4,5年は再感染はしにくいと言われています。

▼マイコプラズマ肺炎の治療
マイコプラズマ肺炎になった場合の治療方法は抗生物質による投薬治療が一般的です。投薬治療によって症状が軽微になったり、症状が出る期間が短くなったりします。

⇒yahooショッピング通販で【マイコプラズマ肺炎の対策アイテム】をみてみる

⇒楽天市場通販で【マイコプラズマ肺炎の対策アイテム】をみてみる

⇒amazon通販で【マイコプラズマ肺炎の対策アイテム】をみてみる

マイコプラズマに感染してもほとんど症状がほとんどでないときなどは感染に気が付かず、いつのまにか薬を飲まずに治っていたということもよくあります。

ただ、重症化することもありますので、咳が続く場合はマイコプラズマ感染を疑って医師に診てもらうようにしましょう。
スポンサードリンク

FC2スレッドテーマ : 医療・病気・治療 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/blog-entry-149.html

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。