グローバル・ヴューダイエットやお得情報、綺麗になる情報やカッコよくなる情報、今が旬の情報や話題になっている情報など、ありとあらゆる情報をお届けします。 

スポンサーサイト

   ↑  カテゴリー: スポンサー広告
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/?overture" target="_new

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

かくれ脱水 症状と対策

   ↑  カテゴリー: 病気を克服
スポンサードリンク

かくれ脱水 症状と対策
「夏は脱水症と熱中症に注意しましょう!」という言葉はほとんどの方が知っています。しかし、最近では【かくれ脱水】という言葉がよく言われるようになっています。

【かくれ脱水】とは一言でいえば脱水症状になる一歩手前です。でもどういった症状が【かくれ脱水】の症状にあてはまるのか、また対策や予防方法などは情報が交錯してよくわかりません。

そこで少しまとめてみました。

▼【かくれ脱水】の症状と見分け方
【かくれ脱水】の症状は発汗機能が正常に働かないことで起こる場合が多いため、体のほてりがとれないという症状があります。

また、体内の水分量が減るため十分な血流が確保できず体がだるくなる症状がでやすくなります。これに関連して脳への血流が不足し、眠たくなったりめまいがしたり、手がしびれたりという症状もよく出ます。

【かくれ脱水】は水分不足が主ですから口の中が渇くという症状も出ます。

舌が赤黒く乾いていたり手足が少し冷たく感じるときは【かくれ脱水】の症状を疑ってください。

▼汗の重要性と汗腺の機能不足
普通人間の体は外気が熱くなると、体内の熱の急激な上昇を抑えるため汗をかきます。汗をかくと汗が蒸発するのですが、蒸発するときに熱を奪うという現象が発生します。これを気化熱というのですが、この現象で体内の温度上昇を抑えているのです。

現代人はエアコンなどの使用で発汗機能が著しく低下しています。汗腺の多くがその機能を休眠させているため、外気の温度が上がると少ない汗腺が一生懸命汗を出すようになります。

しかし汗が一部の汗腺からしか出ないため、血液中の塩分なども一緒に排出してしまうことになります。

ですので(汗をかく習慣の無い方は特に)水分に加えて塩分の補給も必要になるのです。

また、汗腺の機能が全体的に衰えがちなお年寄りの方や、汗腺機能が十分に発達していない小さなお子様も【かくれ脱水】になりやすいです。特に気をつけてください。

▼【かくれ脱水】の対策
【かくれ脱水】の対策は水分の補給を常に行うということです。では塩分の補給はどうすれば良いのでしょうか。

基本的に体を動かしていないときは水の補給だけで十分です。運動をする時や気温の上昇で汗をかいているときはスポーツドリンクを飲むと良いです。

なおスポーツドリンクは甘めに作っていることが多いので、気温の上昇で汗をかいているときに飲む場合は二倍に薄めて飲むと良いです。

これ以外で大量に汗をかくのはお風呂です。特に湯船に浸かった入浴の場合は【かくれ脱水】の状態になることがありますので、経口補水液などを利用するとよいでしょう。

あと、飲酒も体内の水分と塩分を多く体外に排出するため【かくれ脱水】になることがあります。そのまま脱水症になる方もいるくらいですから、飲酒のあとも経口補水液を摂取すると安心かもしれません。

なお、経口補水液は私も飲んだことがありますが、基本は美味しくないです。しかし【かくれ脱水】が進んでいる方は美味しく感じます。それは体内が水分と塩分を欲しているからと言われています。

⇒経口補水液の作り方はコチラを参照してください

【かくれ脱水】を防ぐためにも状況に合った水分を補給するようにしてください。

▼【かくれ脱水】の予防
テレビで言っていた情報によると、「一時間にコップ1杯の水を飲む」という習慣をつけておくと良いということです。

あと、暑さに慣れるということも必要です。キンキンに冷えた部屋で過ごすというのは汗腺の機能低下を招きますので、(無理はいけませんが)外気との温度差をつけすぎないようにするのも大事です。できれば5度未満にすると良いです。

参考ですが、人体が一度に吸収できる水分量は200ml~250mlで、吸収するのに15分~20分かかります。また暑いからと言って冷たい水を飲んではいけません。夏バテの原因になりますので必ず常温の水を飲むようにしてください。

日本の夏は最近ますます平均気温が上がってきています。それに加えて節電が当たり前になっていますので、【かくれ脱水】の症状には十分注意し、毎日のこまめな対策をしていきたいものです。
スポンサードリンク

FC2スレッドテーマ : 健康管理 (ジャンル : ヘルス・ダイエット

(記事編集) http://syun111.blog108.fc2.com/blog-entry-204.html

Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : キッチンアイ消化器
この前の記事 : メンズ浴衣 通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。